代表者インタビュー

最初はバイト先の地元の焼肉屋さんでした

青春時代はどう過ごされていたんですか?

貧乏だったんですよ、ほんとに(笑)。4人兄弟の長男として育ったんですけど、絵に描いたような貧しい家庭で。サッカーのスパイクとかユニフォームもロクに買ってもらえなくてね。中学の時に日雇いのアルバイトをこっそりやったり、学生時代はバイトと部活(サッカー)とちょっぴりヤンチャ(笑)しかやってなかったかな。今思えば貧しいながら幸せだったなーと思いますけどね。

幼いころは、外食なんてそうそう連れて行ってもらえることなんてなくて・・・でね、ぼくが中学校2年の時だったかな、近所に安い焼肉チェーン店ができまして、ちょうどその時オヤジが「ボーナスが入ったから、焼肉屋に連れてってやる」ってその焼肉屋に家族で行ったんです。ほら、あの時(1998年頃)カルビ280円とか凄い話題になったじゃないですか?で、生まれて初めて焼肉屋で食べたんですよ、焼肉を。それが衝撃的に美味しくって、感動したんです。世の中にこんな美味しい食べ物があるんだーって。もうそこから、根っからの肉好きになってしまいまして、高校の時のアルバイトが地元の焼肉屋で、その後就職したのは、名古屋駅にある老舗の焼肉店でした。そこで、お肉の勉強をシコタマさせて頂きました。とにかく「美味い肉」を求めて、いろんな産地や、生産者さんの元まで勉強にいきました。

勤めていた焼肉店では、お肉の勉強だけでなく、店舗運営、マネジメント、販売促進、求人、採用、教育・・・本当にたくさんの事を学ばせて頂きました。出世もして、25歳で役員を任せて頂きましたので、早い段階で経営も勉強させて頂きました。
あとは、そうですね。ぼくは学生時代、俗にいう落ちこぼれってやつで、クラスメートによくバカにされていたんですよ。で、要領のイイ奴が、イイ大学行って、イイ会社に就職して、そこそこの暮らしをしているのを目の当たりにして、凄く悔しい思いをしたのを覚えています。「クソーいつか見返してやるからな!」って。つまり劣等感ですよね。アイツらには負けたくない。絶対成功者になってやる!って思ってました。それが独立した時のモチベーションでもありました。

どうして立呑みを選んだんですか?

インタビュー01

まずは最初おカネがありませんから、当然大きなお店なんて持てない訳ですよ。
小さく始めるしか手段がなかったんです。それが最も大きな理由ですけど、先ほどお話させていただいたように、ぼくって無類の肉好きじゃないですか?で、美味い肉を追求し続けたら、生産者さんの所まで、行っていたわけです。「本当に美味しいお肉を教えてください」ってね。問屋さんは美味しいお肉=高いお肉としか教えてくれませんから。
それでね、ある日出会ってしまう訳です。「今までこんな美味しいお肉食べた事がない!」ってお肉と(笑)。作ってる生産者さんが、本当にいい人で、真面目で、お肉を作らせたら、本当にプロフェッショナルなんです。でもね、売るのが下手なんです(笑)。
そんな商品を商材にして立呑み屋を始めました。ぼくからしたら絶対の自信作な訳です。これを、そのまま情熱的にお客様に伝えたい。接近戦で体当たりをしたいと思いました。だから立呑みなんです。お客様との距離が近いところに魅力を感じました。

それから、ぼくらがしのぎを削る飲食の世界って、やはり競争が激しい。もちろん隣に大手の居酒屋さんなんてきたら死活問題ですよ。でもね、立呑みなら戦えると思ったんです。お客様と接近戦で勝負する。絶対の自信作を心を込めて提供し、一生懸命その良さを伝える。これは、大手とも対等に戦える武器だと思ったんです。
それが、今のところはうまくいっていて、店舗数も順調に拡大しています。このスタイルは貫いていきたいです。

まずは名古屋で20店舗。その後、関東進出し100店舗体制に

そうして多店舗展開を始められた

経営理念が、『ひとつでも多くの「笑顔」と「笑い声」に出会いたい。』ですから、ひとつでも多くのお店を増やしたいと思うことは当然です。
お客様だけでなく、ひとりでも多くの社員さん、取引業者さん、関係者さん、友人知人が笑顔になれるように、笑い声を聞けるように、そして「大谷光徳」と出会えてよかった。と言って頂けるように、これからも店舗展開を続けていこうと考えています。

やっぱり立呑みで?

そうですね。名古屋の名物でも、手羽先と言えば「やまちゃん」。味噌カツと言えば「矢場とん」。ひつまぶしと言えば「蓬来軒」。では立呑みと言えば「ウチ」。みたいにブランド化させたいんです。なにかとがった強みが欲しくてそう考えました。そこで「名古屋の立呑みダントツNO1を目指す」というスローガンが生まれたんです。弱肉強食で競争が激しいこの業界ですから、他の追随を許さない圧倒的な強みを持たないと、永続的な会社経営はできないと思っています。

大型店舗の他業種への参入は?

今のところ考えていません。ただ、新しい業態はこれからも開発していこうと思っています。立呑み屋を成立させようとすると、独自の調査ですけど、約30万人のマーケットが必要なんですね。名古屋駅で約110万人。金山、栄で約30万人ちょいくらいのマーケットなので、名古屋駅で3~4店舗、金山、栄ではそれぞれ1店舗ずつくらいしか同一業態では出店できないと考えています。それ以上出店してしまうと、自社内競合を引き起こしてしまい、効率を落としてしまう。利益率が下がってしまうんです。だけど、業態が違えば、お客様を喰い合わないということが、14店舗出店してみて分かりました(平成28年8月現在)ですから、イメージでは4~5店舗ずつ展開して、20店舗を達成させようと思っています。

今後の展望をお聞かせ下さい

20店舗を達成させ、関東に進出します。そこで100店舗やりたいです。
先ほどの話の続きで、30万人のマーケットなら山手線の駅なんてほとんど30万人超えてますし、新宿なんて、名古屋駅3つ分ですよ?なので、理論的には可能なはずです。
ですから、後は、価値観が同じ同士を募ればいい。ひとりでも多くの仲間を探す事がぼくの仕事です。
そして、「夢」を共有できる社員さんが、助け合い、信頼できる環境を整えることが、ぼくの最も重要な役割の一つです。ぼくはやりますよ!
死んでも100店舗必ず達成させます。

待遇面でも名古屋のダントツNO.1でありたい

どんな同志を探されているのですか?

インタビュー02

ひとつでも多くの「笑顔」と「笑い声」に出会いたい。これが弊社の経営理念です。この本質は「利他」なんです。何かをして差し上げる。何だっていいんです。相手のことを想って、こうしたら喜んでもらえるかな?何か手助けできることはないかな?そんなこちらの真心が相手に伝わると、相手は必ず「笑顔」になるじゃないですか?例えば身近な友達の誕生日に、サプライズでちょっとしたプレゼントを渡す。すると喜んでくれますよね。でね、その仕掛けた側は、与えた側なのに、「笑顔」を受け取って、より幸せな気持ちになる。心の中でガッツポーズしちゃいますよね?そんな価値観でぼくたちは仕事をしています。よくテーマパークなどで、大道芸人さんがパフォーマンスしていますよね?最後に大技キメて拍手喝さい。で最後に投げ銭が飛んでくるじゃないですか?いわゆる「おひねり」ってやつです。

ぼくらが求める「笑顔」や「笑い声」っていうのは、つまりこの「おひねり」なんです。
それを実現できたら、すごい結果が生まれますよ。当然それが待遇面に直結される訳です。たくさんの「笑顔」を集める。すると、たくさんの「おひねり」が飛んでくる。それが「売上」になり「利益」になります。結果「待遇」がよくなる。 ぼくはこの「待遇」も「名古屋のダントツNO1」にしていきたいです。

現在、弊社の社員さんの労働環境は完全週休2日制で年間休日120日前後です。平均年収も400万を超えました。社員旅行ではグアムや沖縄に遊びに行ったり、福利厚生もかなり充実してきました。
もっともっと労働環境を改善し、働きやすい環境にしていきます。

プロフィール画像
光フードサービス株式会社 代表取締役 大谷 光徳

1980年生まれ、
老舗の焼肉チェーン店に就職、役員を経て、起業。
立呑みを中心とした業態で、名古屋を中心に店舗を展開中。
DVD「小さな飲食店で大きな利益』出演

記事掲載
日経レストラン、日経流通新聞、日本外食新聞、
中部経済新聞 等。
ブログ
http://ameblo.jp/hikari-food-service/
Facebook
https://www.facebook.com/ohtani.0726